想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『逢びき』

『逢びき』

1945年のイギリス映画『逢びき』は、カンヌの第一回グランプリ作品である。
今となっては主演の二人より、監督デヴィッド・リーンと脚本ノエル・カワードの方が有名だろう。

ソフィア・ローレンとリチャード・バートンのリメイクは観たことがあっても、オリジナルは初めてだった。
言うまでもなく、デ・ニーロとメリル・ストリープの『恋におちて』も、本作が元ネタである。

ストーリーは単純明快、お互いに家庭のある男女の、W不倫の話だ。
鉄道の駅と構内にあるバーを主な舞台に、二人がひとときの恋愛に燃え上がる。

いかにもメロドラマ風の古臭さを差し置いたとしても、なんともいえない上質な情感がある。
主人公のモノローグと回想、という古典的パターンが、妙にしっくりと収まる。

ラスト、男と別れて帰宅し呆然としている妻を見て、夫がいう。

「どうした?まるで悲しい夢を見ていたようだ。遠くへ旅をしてたんだね。よく戻ってきた」

それを聞いた妻は、夫の胸に泣き崩れる。
もしかして夫は全てを知っていたのかもしれない。
分別と優しさに満ちた大人の台詞が、本作を一級品にした。

cap3148_convert_20160124205725.jpg

原題は”Brief Encounter”。
なんと美しい響きだろう。
邦題も見事だ。

このタイトルで真っ先に思いだすのは、ロンドンのセント・マーティンにあった同名のゲイバーである。
20数年前、ロンドンのゲイで知らぬ者はいない有名バーだった。
平日の夕方、仕事帰りに一杯飲むためにふらっと立ち寄る店。
1Fと地下1Fの2フロアあったが、それほど広くもなく、ピーク時には店の外まで人があふれていた。

真隣にはアート系の映画館があった。
そこで黒澤明の『夢』や市川崑の『細雪』を観た記憶がある。

5年ほど前、久しぶりに訪ねた自分が見たのは、真新しいガラス張りのビルだった。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL