想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ 川本三郎『いまも、君を想う』

川本三郎『いまも、君を想う』

『いまも、君を想う』は癌で逝った妻を綴った回想記。

著者の川本三郎の映画評論は何冊か読んでいる。
評論というより、エッセイと呼んだほうがふさわしい味わいの映画論が好きだった。

本書も、終始、抑えた文章に徹しながら、亡き妻に対する哀惜が溢れ、何度も涙で文字が霞む。

やたら泣き虫の夫とは対照的に、結婚式でも、映画を観ても、決して涙を見せなかった妻。
ところが、ある日、病室で新緑が見たいと言い出し、車椅子で病院前の小さな緑地に連れていく。

「家内は木々の若い緑と、遠くを走る中央線の電車を黙って見ていた。そして突然、静かに泣いた。初めて見る、感動の涙とは違う家内の涙だった。もう死が近いことを自分でも知ったのだろう。私はただ家内を抱くしかなかった」

一人残された生活についても、寂しいとか、苦しいといった言葉の代わりにこう書く。

「最近、眠る新しい楽しさが加わった。夢で時折り、家内に会えること」

江藤淳の『妻と私』しかり、自分は最近、どうしてこの手の本に手がのびるのだろうか。

何十年も連れ添った妻を看取るという体験は、ゲイである自分にとってあまりリアリティのない話である。

それは、大変な痛みと喪失感を伴うものであろうし、その後の孤独は我々の想像をはるかに越えるものだろう。
それでも、深く長い関係を築くことが難しいゲイの目からすると、やはり羨ましいとしか言いようがない。

はるか昔、当時つきあっていた相手から言われたことがある。
若い間は自由で楽しいけれど、歳とったゲイがみな直面しなければならない問題は孤独だ、と。

当時の彼はまだ30代後半だった。
その歳をとっくに越えた、今の自分が、しみじみと、彼の言葉の意味をかみしめる。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL