想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ ピーター・エヴァンス『オナシスの生涯ー欲しいものはすべて手に入れた男ー』

ピーター・エヴァンス『オナシスの生涯ー欲しいものはすべて手に入れた男ー』

マリア・カラスの愛人であった大富豪アリストテレス・オナシスの伝記を読んだ。

『欲しいものはすべて手に入れた男』という副題が皮肉であることは、娘の次の言葉からもよくわかる。

「幸せをお金で買うことはできない。そのことは、私たち一家が身をもって証明している」

実際、わずか2年の間に、息子のアレクサンダーを飛行機事故で亡くし、息子と娘の母親である前妻のティナを自殺で亡くし、失意からオナシス本人も亡くなっている。

本書が書かれたとき、唯一の生存者であった娘のクリスティーナも、その後、不幸な結婚を何度も繰り返した揚句、37歳の若さで亡くなった。

興味深かったのは、再婚したジャクリーヌ・ケネディとのエピソードである。
悲劇のファーストレディーとしての印象しかなかったが、どうやら全く別の顔を持っていた女性だったことがわかる。

特に彼女の浪費癖は相当なものだったらしい。
デザイナーズブランドの洋服や宝石を買いまくり、マネーゲームにも手を出して莫大な金額を失った。

義理の息子アレクサンダーの飛行機事故の際には、病院にかけつけた彼の婚約者のところに行き、オナシスが財産分与についてどう思っているかアレクサンダーから聞いていなかったか、と詰め寄ったという。

カポーティが、彼女のことを「西洋の芸者ガール」と呼んでいたとは知らなかった。

オナシスが本当に愛していたのはマリア・カラスだったという者も多い。
カラスを捨て、ジャクリーヌと再婚後まもなく二人は密会するようになっていた。

アメリカのTV番組に出演したカラスは、オナシスとの関係を一生に一度の大恋愛だったと語り、恋愛は「結婚しないときのほうがずっといい」と語ったという。
ジャッキーを恨んでいるかとの質問に対しては、
「とんでもない。もちろん、ミスターオナシスをいじめたら許しませんけど」と答えた。
これを聞いて、ジャクリーヌは激怒したという。

現在、オナシス一族の子孫は、クリスティーナの一人娘アシーナ一人である。


スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL