想元紳市ブログ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画 ≫ 『ドリームガールズ』

『ドリームガールズ』

ゲイの大好きな『ドリームガールズ』。
DVDもCDも持っていたはずが、どういうわけか今両方とも手元にない。

先日の、渋谷のオーチャードホールでのブロードウェイ公演は見逃した。
友人によると、きらびやかで素晴らしいショーだったようだ。
もちろん、観客はゲイだらけだったらしい。

102111-celebs-beyonce-film-dreamgirls_convert_20160124220551.png

華やかなショービジネスの世界を舞台にしつつ、描かれるのは別れと再生の物語である。

仲間と別れ、愛する人と別れ、そして過去の自分にも決別し、再出発すること。

主人公ディーナを演じたビヨンセの眩しいばかりの美しさ。
明らかに、ジェニファー・ハドソン演じるエフィに注目が集まってしまうストーリー。
しかし、ディーナという役、今、ビヨンセ以外に誰が演じることができただろう。

たとえ劇中だったとしても、夫のカーティスに「君をリードボーカルに選んだのは、声に個性も深みもないからだ」とまで言わせてしまうのである。

以前、メアリー・J・ブライジが、「ビヨンセは下手とかうまいじゃなくて、歌にソウルがない」と評していたことを思い出す。

終盤、ディーナが、自らの再生の象徴として歌う歌のタイトルが"Listen"というのは、実によく出来たアンサーソングだ。
この映画のオリジナルで、まさにビヨンセのために書かれた曲である。

自分には、ビヨンセとディーナが、何やら重なって見えてしまう。

エフィの歌う”And I Am Telling You I'm Not Going”は、物語のひとつのクライマックスだが、自分の世代だと、なんといってもジェニファー・ホリディである。

ジェイミー・フォックス演じるカーティスには、人間としての短所ばかりが目につく。
しかしそんな彼にも、とうとう最後には、ささやかな再生の兆しが見え、映画は終わるのである。

 
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL