想元紳市ブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画 ≫ 『友へ チング』

『友へ チング』

韓国映画の『友へ チング』。

ゴールデンウィークに初めて訪ねた釜山を舞台にしているので、もう一度観たいと思っていた。
釜山は、どことなく郷愁を感じさせる港町だった。

実際、映画に出てくる街並みも、温もりのある懐かしさが漂う。
描かれるのは、幼なじみの少年4人の強い絆と友情だ。
中心になるのが、のちに極道の世界に身を投じることになる二人である。

うちの一人、チャン・ドンゴンはひときわ強烈な魅力を放つ。
色気のある、骨太の男らしさを、日本人の若手俳優に見つけるのは難しい。
惜しむらくは、4人がどうしても高校生には見えないこと。

韓国版『スタンド・バイ・ミー』とか『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』などとも言われるらしいが、監督は間違いなく後者を意識しているはずである。
エンニオ・モリコーネ風の抒情的なテーマ曲、子供たちが走る場面をスローモーションで追うところなど、まるでセルジオ・レオーネに捧げたオマージュのようだ。
水しぶきの一粒一粒が見えるような、陰影の強いカメラワークもノスタルジーを誘う。

6bc03225_convert_20160124224805.jpg

高校の学芸会のシーン、舞台で演奏する女子高生バンド「レインボー」の歌うポップスが不思議と味がある。

小悪魔のような魅力を持つ、ボーカルの女の子が、まるで『リング』の貞子のように舞台に登場して歌う。
しかし、彼女、この後、4人のうちのひとりと深く関わり、あまり幸せとは言えない人生を送ることになるのである。

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL