FC2ブログ

想元紳市ブログ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年09月
ARCHIVE ≫ 2017年09月
      

≪ 前月 |  2017年09月  | 翌月 ≫

『再見―裏切る夜【後編】』

電子書籍『再見―台北の男【前編】』に続く、『再見―裏切る夜【後編】』を配信しました。

台北と東京を舞台にした遠距離恋愛の行方、そして2人を取り巻く男たちの人間模様を描いた官能ラブストーリーの後編です。

再見3

【あらすじ】
 2010年夏の台北での出会いから、ようやく2人の距離が近づいたときに東日本を襲った大震災。
 ボランティアで来日したウェイと正式につきあうことになったものの、銀座の街で偶然出会った知人によってウェイの隠された過去を知ることになる。
 第三の男、さらに見え隠れする父親の不穏な動き。
 自分を見失った修一がとった行動は……。



本作にてG誌関連作はすべて配信終了です。G誌には休刊に至るまでのわずか2年弱の間、10作もの作品を掲載していただいのはとても幸運でした。

思い起こせば、初めてゲイ官能小説を書いてみようと思い立ったのは2013年前後。
実は、同時期に3つの異なるジャンルの作品を仕上げました。

G誌小説グランプリに応募する作品とは別に、某F書院の官能小説大賞のための男女もの、もう一つは某BL誌に応募する小説。

中でも最も執筆に苦労したのがBL小説です。
BLにはかなり厳格な決まり事があるらしいこと(例えばウケはこうでなくてはならないとか……)、特に「萌え」というものが、結局最後まで理解できないままでした。

もちろん、男女ものも執筆に時間を要したのは言うまでもありません。何しろ実際に見たことすらないものを事細かに描写するわけです。それでも、ノンケ男性独特のいやらしさを想像することは決して苦ではありませんでしたが。

結果、男女官能小説は最終選考に残ったものの落選。後日編集部から連絡があり、しばらくやり取りを続けていましたが最後はこちらから連絡を絶ってしまいました。やはり、男女の官能を書き続けることなどできないと判断したためです。

一方、BLの方も受賞作のところに名前はありませんでしたから、おそらく腐女子から受ける展開でなかったのは確かです。

ということで、優秀賞をいただいたG誌でその後も書き続けるようになったという次第です。

今後もゆっくりしたペースで新作を書いていきたいと思っていますが、その内容については迷いがあります。
官能色をより強めるのか、あるいは弱めるのか。
現状、エロ度が強ければ強いほど需要があるのは事実なのですが……さて。

Kindle↓


DLsite↓
再見-裏切る夜【後編】

Digiket↓
[想元ライブラリー] の【再見―裏切る夜【後編】】

■既刊分はこちら
『流刑の島』
『父と息子の裸祭』
『覗き・刺青の男』
『浪速親父の淫らな純情』
『黒潮―カツオ漁師の熱い夜』
『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』
『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』
『失踪の森【後編】―捜査一課・田所警部の覚醒―』
『父子男色酒蔵』
『再見―台北の男【前編】』
スポンサーサイト



『再見―台北の男【前編】』

電子書籍『再見―台北の男【前編】』を配信しました。

身勝手で自信家の男・修一が出張先で出会った純朴な台湾人の男・ウェイ。台北と東京を舞台に2人の5年に及ぶ遠距離恋愛の行方と破綻を描く官能ラブストーリー。

s-1.jpg

【あらすじ】
 父親の経営するPR会社で副社長として働く西澤修一は、元ラガーマンの肉体と容姿に恵まれていることもあって自信に満ち溢れ、わがままで自己中心的な生き方に徹している。それは男遊びに関しても同様だった。
 そんな修一が、出張で訪れた台北で出会ったのが、純粋で素直な台湾人のリウ・ウェイ。単なるビジネス上の繋がりが、いつしか特別な関係へと変貌していくものの、修一の性格がそう簡単に変わるはずもなく。
 2010年夏の出会い、そして日本を揺るがす大災害が起こる2011年3月までの物語。



「再見」とは字の通り、See You Againの意味です。ハッピーエンドというわけではないものの、恋愛によって2人がそれぞれに成長していく姿が物語のテーマとなっています。

書き下ろしですが、正確には2016年初め、G誌編集部にまさに納品するタイミングで休刊の一報が届いたため未発表となっていた作品でした。

また、本作は編集部からだいたいのコンセプトで依頼されて執筆したものであり、そのため他の作品とはいくぶん趣が異なるものになっているかもしれません。そのような形は、本作ともう一作『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』に収録した『真夏のライトバン(改題前:真夜中のひまわり)』のみです。

主な舞台を台北から東京に移し、2011年3月から2015年に至る2人のその後が描かれる【後編】は9月中旬の配信を予定しています。

Kindle↓


DLsite↓
再見-台北の男【前編】

Digiket↓
[想元ライブラリー] の【再見―台北の男【前編】】

■既刊分はこちら
『流刑の島』
『父と息子の裸祭』
『覗き・刺青の男』
『浪速親父の淫らな純情』
『黒潮―カツオ漁師の熱い夜』
『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』
『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』
『失踪の森【後編】―捜査一課・田所警部の覚醒―』
『父子男色酒蔵』