想元紳市ブログ

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

ケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞に輝いた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。

ケイシー演じる主人公のリーは、ボストンに住む、水漏れの修理などアパートの雑用を引き受ける便利屋である。
人と交わらず、愛想が悪いどころか平気で暴言を吐き、おまけに酒が入るとすぐ血が上って暴力をふるう。
映画の冒頭、そんな嫌われ者のイヤな男として登場するリーのもとに、兄ジョーの訃報が届く。

ボストンから車で1時間あまり北上した故郷の港町がマンチェスター・バイ・ザ・シーだ。
リーは葬儀の手配や遺された高校生の甥パトリックの面倒を仕方なくみる一方、遺言で自分が後見人に指定されていることを知る。

かつては子煩悩で、妻を愛し、その人柄から友人も多かったリー。

物語は、現在と過去を交互に描いて進み、少しずつリー自身が抱える心の闇、その原因となった壮絶な過去が明らかになってくるのである。

989865.jpg

結局、リーはもちろん、その周囲に誰一人として嫌なキャラクターはいないのだが、どの関係性にも何やら不安定な違和感が終始拭えない。

リーの同意なく、無断で息子の後見人に指定して世を去った兄のジョーは、すでに数年前から余命宣告を受けていた。
パトリックは父の死を淡々と受け流しながら、心底では孤独と哀しみに打ちひしがれている。
パトリックの母は、おそらく酒が原因で離縁され、今は離れた場所で再婚しているものの、どうもあまり幸せそうには見えない。

誰もがみな、それぞれ逆境や挫折の中、ときに酷い傷を負いながらもなんとか普通を装って生きているのである。

95865.jpg

葬儀で、リーが久しぶりに再会する元妻のランディ。
ランディもすでに再婚し、今や妊娠中でいっけん幸せそうに見えるのだが……。

ところが、その後、道でばったり出くわしたランディは、突然、リーを前に取り乱し、癒えることのない痛みと謝罪を涙ながらに吐露するのである。

逆境に耐えながら踏ん張るように生きている2人が、崩れ落ちるように素顔を曝け出す姿に、激しく心を揺さぶられた。

ランディを演じたのがミシェル・ウィリアムズだ。
ブロークバック・マウンテン』でも『ブルーバレンタイン』でも、彼女の素晴らしい演技にはいつも泣かされる。

1254577.png

確かな出口が示されぬまま映画は終わるが、リーとパトリックが交わす不器用なキャッチボール、そして船上に佇むリーの姿には、ほのかな再生の兆しが見える。

アカデミー賞の授賞式で、兄のベン・アフレックが目を潤ませながら、ケイシーの受賞スピーチを客席から見ていたのがとても印象的だった。
スポンサーサイト

『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』

電子書籍『失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―』を配信しました。

警視庁捜査一課の刑事・田所雄作に課せられた極秘指令は、失踪した政治家の子息を密かに奪還すること。身分を隠し潜入した先は、山奥にある女人禁制の寺だった……。前後編の2部作に分けた長編官能ミステリーです。

『G-men 229号(2015年4月号)』に掲載された『失踪―警視庁捜査一課警部・田所雄作』を改題加筆修正。
失踪の真相と田所自身の覚醒が描かれる『失踪の森【後編】―捜査一課・田所警部の覚醒―』は近日リリース。

失踪4

【あらすじ】
 ノンキャリアながらボクシングで鍛え上げた強靭な肉体と頭脳を合わせ持った、警視庁捜査一課の敏腕警部・田所雄作。ある日、上司の一条警視から極秘指令を言い渡される。それは、失踪した有名国会議員の息子を内密で捜索し、ひそかに家族のもとに連れ戻すこと……。
 新宿二丁目のバーで得た手がかりもとに、田所が潜入することになったのは、九州の山奥深くにひっそりたたずむ「男王寺」の別院「奥ノ院」。女人禁制を貫く、修験者のためだけの謎の寺だった。
 ふもとにある表玄関の「本院」では、いきなり住職の手による淫らな洗礼を受ける。そして「奥ノ院」に至るあまりに険しい山道を歩くうち、田所は、自身が封印してきた一人の部下との苦しい愛憎関係を思い出すのだった。



拙作第1作目『流刑の島』が、太平洋に浮かぶ女人禁制の島を舞台にしたものだったのに対し、次は山を舞台に書いてみようと考えたのがそもそものの発端です。

もともと寺社仏閣好きであり、さらには山岳信仰や修験道、もちろんゲイとして寺での男色や衆道といったものにも並々ならぬ興味がありました。

本作の展開はもちろんフィクションですが、明治後期まで女人禁制だった高野山、平成までそうだった出羽三山など有名どころを列挙するまでもなく、日本には至るところに舞台となったような山や寺が存在するのは周知の事実です。

いまだ頑なに女人禁制を守っている奈良の大峰山山上ヶ岳などは、いつか一度は行ってみたい場所のひとつ。

そんな個人的興味をふくらませ、一人の刑事が失踪者を奪還する目的で禁断の山に足を踏み入れる、という物語を創作しました。

諸事情あってG誌に掲載されたのは2015年に入ってからになりましたが、原稿そのものはその半年以上前に編集部に預けてあったものです。
最初は1本の長編でしたが、その間に編集部の意向で前後編に分けることになり、若干の手直しをしたのを記憶しています。

Kindle↓


DLsite↓
失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―

Digiket↓
[想元ライブラリー] の【失踪の森【前編】―捜査一課・田所警部の憂鬱―】

■既刊分はこちら
『流刑の島』
『父と息子の裸祭』
『覗き・刺青の男』
『浪速親父の淫らな純情』
『黒潮―カツオ漁師の熱い夜』
『ゲイ官能小説短編集【男たちの旅】』

『アブソリュートリー・ファビュラス:ザ・ムービー』

90年代から数シーズンに渡ってイギリスのBBCで放送され、とりわけゲイの間では絶大なる人気を誇るコメディドラマ『アブソリュートリー・ファビュラス』。

2016年に本国で大ヒットを記録した劇場版が、未公開だった日本でもオンデマンドで配信されていることを知り、すぐさま鑑賞した。

234.jpg

主人公はPRエージェントのエディナとファッション・ディレクターのパッツィー。
おバカな中年女2人が巻き起こすハチャメチャな騒動と強烈な言動の破壊力は、やはり同時期ゲイに人気のあった『セックス・アンド・ザ・シティ』の比ではない。

酒・タバコ・ドラッグは日常のこと。実在のセレブの名を出して痛烈に皮肉る風刺や露悪趣味に溢れた過激さは、さしずめ日本なら放送禁止レベルである。

もちろん、劇場版はさらにパワーアップし、60人を超えるというセレブのカメオ出演や華やかなドラァグクィーンたちを見るだけでも楽しい。

123.png

物語は、至ってばかばかしく単純だ。

ケイト・モスがPRを解雇したと耳にしたエディナが、契約を結ぼうとパッツィーと共にパーティーに乗り込む。ところが、バルコニーにいたケイト・モスを誤ってテムズ川に突き落としてしまい、殺人の容疑者として警察から追われるはめに……。

限りなくB級映画の面白さではあるが、至るところにゲイ的なテイストが満載。またファッション業界に多少なりとも通じていれば、散りばめられた内輪ネタも、大笑い間違いなしだ。

ちなみに邦題『ザッツ・ファビュラス!』は、あまりにも酷すぎるのでないものとした方がいい。

映画を満喫した後、パッツィーを演じたジョアンナ・ラムレイについて何気に調べていたら、2016年『Joanna Lumley’s Japan』なる3回シリーズの番組がイギリスで放送されて話題になったことを知る。

987.jpg

ネットにアップロードされているの見つけ、観始めたらとても上質なドキュメンタリーで驚いた。AFファンにしてみれば、あのチープな毒舌女のパッツィーが日本を旅していると思うだけで興奮ものだ。

ジョアンナが、自ら車を運転し、新幹線に乗り、自分の足で歩き、北海道から沖縄まで何日もかけて縦断するのである。しかも、ありきたりな日本の観光地紹介ではない。

北海道ではタンチョウ鶴の群れを鑑賞し、アイヌの末裔にその歴史について尋ねる。札幌雪まつりでは、自衛隊が巨大な雪像を作っているという事実に注目し、福島では避難区域に足を踏み込む。中山道や四国の巡礼の道を実際に辿り、京都の舞妓からは本音を聞き出そうとする。戦争末期、大勢の若き兵士たちが自害したという沖縄のトンネルを歩いて思わず嗚咽する姿もみせた。

イギリスでは、熱心な社会活動により非常に影響力のある女性の一人として認知されていることを知ったが、この番組もそれに価する深い内容だった。薄っぺらい政治的発言で社会派を気取る日本の某大女優とはわけが違う。

1回45分の3回シリーズを一気に観てのめり込み、その前に観た映画のおちゃらけた内容が吹っ飛んでしまった。

9125.jpg