想元紳市ブログ

2015年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
      

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『秋日和』

前回に引き続き、好きな小津映画をもう一本、1960年公開の『秋日和』。

彼岸花』とコンビをなす作品である。
ともに原作は里見弴の小説で、雰囲気も役者陣も実によく似ている。

本作で中心になるのは、母と娘だ。
一人ぼっちになる母のことを心配し、結婚などしないと意地を張る娘。

Late-Autumn-1960-film-images-ce07cf8a-a13d-4cad-b560-1e8de95db95_convert_20160127200656.jpg

未亡人の母・秋子を原節子、適齢期を迎えた一人娘のアヤ子を司葉子。
亡き夫の悪友たちを、佐分利信、中村伸郎、北竜二という『彼岸花』と同じ三人組が演じる。

親父三人が、秋子を先に再婚させれば、娘は嫁に行くはずだと考え、ほとんど悪乗りのおせっかいをすることから、母と娘の関係をぎくしゃくさせてしまう。

図に乗る親父たちを厳しく諫めるのが、アヤ子の親友・百合子である。
目上だろうと遠慮なくものをいい、したたかで、ある意味すれっからしとも言える百合子を演じた岡田茉利子が実にフレッシュだ。
「ふーんだっ」「いーだっ」なんて言葉、久しぶりに聞いた。

5_convert_20160126232422.jpg

とはいえ、せいぜい拗ねたり、心にもない意地悪を言ったりする程度で、どの関係も深刻にこじれることはなく、物事は落ち着くべきところに、ちゃんと落ち着く。
一時は母を誤解し、不潔だとののしったアヤ子も、とうとう佐田啓二演じる青年との結婚を決める。

結局、どこまでものんびりとした、平和な物語だ。

「世の中なんて、みんなが寄ってたかって複雑にしているんだな。案外簡単なものなのにさ」

一段落し、佐分利がしみじみと呟くこの台詞は、いかにもこの映画の展開を言い得て妙。

終盤、アヤ子の結婚が決まり、母と娘は、ふたり最後の旅で伊香保に行く。
旅館や食事処で、娘にしみじみと語り聞かせる秋子の味わい深い佇まいは、まさに原節子の独壇場だ。

全編を通して、秋子は、折に触れて同じ言葉を繰り返す。

アヤ子に、自分が嫁に行ったら寂しいかと聞かれて、
「寂しくたってそんなことしょうがないわよ。我慢しなきゃ。お母さんのお母さんだってきっと我慢してくれたのよ。そういうもんよ、親子って」

別のシーンでは、百合子から、アヤ子がいないと寂しいかと聞かれ、
「寂しくたってしょうがいないわよ。あの子が幸せになるなら。そんなこと我慢しなきゃ」

「しょうがない」という言葉に象徴される、諦めというより達観、受容ともいえる人生観が、物語の根底を流れている。

その意味で、本作は『彼岸花』と対をなす作品であるばかりでなく、自分は『東京物語』を思い浮かべる。

秋子の義兄・周吉を演じる笠智衆が、原が未亡人のままでいることをずっと心配しているという設定も同じ。

『東京物語』が老妻に先立たれ一人になった笠の孤独な姿で終わるのと同様、本作も、娘を嫁に出した秋子が、一人部屋で物思いにふけるしみじみとした姿で幕を下ろすのである。

 
スポンサーサイト

『彼岸花』

小津安二郎の映画は、ある程度歳を重ねてから観ると、格別味わい深いようである。

1958年公開の『彼岸花』は、小津初のカラー作品。 
戦後のいわゆる「小津調」の中で、『東京物語』は別格としても、とても好きな一作だ。

ca55f62adade41829bf094c570ecf05c_convert_20160123083521.jpg

ローアングルのカメラワークでとらえた、唐紙やカーテン、テーブルクロス、座布団の柄まで、画面すべてに行き届いた小津のセンスは、この作品でひとつの完成形を見る。
湯呑みや花瓶など小道具も、すべて一級品や骨董を使用。
必ず画面のどこかに赤い色を配置した仕掛けも、カラー映画ならではの醍醐味である。

物語のテーマはいつも通り単純で、ありふれた父と娘の関係だ。
娘の恋愛結婚に、うろたえる父親の姿。
他人の娘の恋愛には寛容で、心の広い理解者でありながら、わが子となると話は別である。

父親を演じたのが佐分利信、娘は有馬稲子、妻は田中絹代、婚約者に佐田啓二。
佐分利の親父仲間、飲み屋の女将など、いつもの面子がそろう。

EquinoxFlower2_convert_20160126232347.jpg

本作で、自分が何より好きなのは、京都で旅館を営む母娘である。
主人公平山家と家族ぐるみのつきあいをし、一家を訪ねては早口でしゃべりまくる。もっぱら、娘の婿探しが母の生きがいだ。
母親は、関西女を演じさせたら右に出る者はいない、浪花千栄子。
娘は、大映から特別出演している山本富士子。

平山家を訪ねた浪速が、お茶を出してくれたお手伝いに手土産を渡す。
「あんたやおへんで、おうちへどっせ」と念を押したのには、大爆笑。

陽気で、したたかで、小粋な京女二人が、いつもの小津の色調に、特別コミカルで明るい花を添える。
また、山本がとっかえひっかえ着る着物の美しさも必見だ。
 
この二人、単に色物に留まらず、実は本作のテーマを語る伏線的存在でもある。

終盤、山本が佐分利に笑って告白する。

「お母ちゃん、口先だけでそんなこと言うて楽しんでますけど、ほんまはうちを手放しとうないんどす」

このシーンでの、山本富士子のコケティシュな美しさといったらどうだろう。

そして、改めて思うのは、佐分利信という役者の色気である。
小津の映画は、性の匂いが極力排除されていると思うのだが、そんな中にあって、佐分利は、存在感だけでむんむんする男の魅力を放つ、異色のキャストだと言える。


『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

第二次世界大戦中、絶対に不可能と言われたドイツ軍のエニグマ暗号を解読した数学者、アラン・チューリング。
彼の半生を描いた実話の映画化である。
演じたのはベネディクト・カンバーバッチ。

「時として、誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げる」

劇中何度も出てくるこの言葉通り、人付き合いが下手で偏屈な一介の学者が、見事に暗号を解読する大がかりな機械を開発する苦難が、もちろん物語の柱ではある。
が、その偉業自体は、映画のおもて面に過ぎない。

物語は三つの時間を平行して描く。

一つは、戦後数年たった1951年、自宅に泥棒が入り、刑事の取り調べを受けるチューリング。
泥棒の正体が判明したことと、チューリングの経歴に謎があることに刑事の一人が気づいたからだ。

そして、1939年から大戦中、文字通り、極秘チームのリーダーとしてエニグマ解読に情熱を燃やすチューリング。

三つめは、1927年、寄宿学校に通う若き日々。
既にこの頃から周囲と孤立しており、たった一人の親友、クリストファーを通して暗号解読の面白さを知る。

三つの時間が交互に流れる中で、彼の人間像が次第に浮かび上がってくる。
チューリングはクリストファーに親友以上の恋心を抱いていた。つまり、同性愛者だったのだ。

そして、それと関係するある事実が、エニグマをなんとしても解読しようという情熱の源になっていたことが明らかになる。

当時の英国において、同性愛は違法である。
後にチューリングは有罪となり、強制的に薬物療法を受けながら一年後、41歳で自ら命を絶つに至る。

やっと、彼が名誉回復するのは2013年。
エリザベス女王による死後恩赦を待たねばならない。

エニグマ解読も、戦略上の理由から、英国政府によって50年以上も機密扱いだった、という史実もさることながら、解読機械そのものが、現在のコンピューターの礎となったとは、全く知らなかった。

Imitation-Game_convert_20160123090019.jpg

物語の終盤、解読チームの一員で、良き理解者でもあった女性ジョーンに、失意のチューリングが言う。

「君はすべて手に入れたね。仕事も夫も、普通の暮らしも」

それに対してジョーンが答える。

「あなたが普通でないから、世界がこんなに素晴らしい」

頭脳明晰な女性ジョーンを演じたキーラ・ナイトレイの演技が光った。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。