想元紳市ブログ

2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
      

≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『誰でもない女』

たまたまテレビで観たノルウェー/ドイツ製作の『誰でもない女』は、上質なサスペンス映画で楽しめた。

舞台となるのは、ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦が終結した直後、1990年のノルウェー。

海軍で働く夫、優しい母、法律を学ぶ娘、生まれたばかりの孫と幸せに暮らしていたカトリネの元に、一人の弁護士が訪ねてくる。
政府に賠償を求めるため、裁判で証言をして欲しいというのだ。

戦時中、ドイツの民族戦略により、多くのノルウェー人の女性と、駐留ドイツ兵の間に子供が生まれた。
が、戦争終結とともに、女と生まれた子供たちは差別を受け、強制的に養護施設「レーベンスボルン(生命の泉)」に収監されるという黒い歴史があった。
子供たちには引き離されてドイツの施設に送られた者も多く、カトリネはまさにそんな一人だったのである。
やっと東ドイツを脱出し、ノルウェーに帰国、母と再会できたのは成人してからだった。

ところが、弁護士の依頼をカトリネは拒否し、そればかりか様子を一変させ、不可解な行動をとるようになる。
単につらい過去を思い出したくないからではなかった。
実は、カトリネは、東ドイツの秘密警察に属するスパイでもあったのだ。

maxresdefault+(2)_convert_20160122234922.jpg

冷戦の終結という平和への流れが、ナチス・ドイツ時代、さらに分断された東西ドイツ時代の負の遺産を白日の元にさらしていく。
弁護士の正義と善意が、予期せぬ不幸を生む。

カトリネが苦悩するのは、自分の正体がばれるということより、やっと手にした家族と幸せを失うかもしれないという恐怖からである。

そして、実は、それ以上の秘密があった……。
邦題は意味不明だが、原題の”Two Lives”は、その秘密を暗示している。

秘密警察の隠匿を企てるスパイ時代の関係者の手が、家族にも及ぼうとしていることを知ったとき、カトリネは決断する。
そうして迎えるラストが哀しい。

映画の前半、しばらく物語がわかりにくかったのは、「レーベンスボルン」はじめ、歴史の裏側に自分が無知だったからである。
観終わった後、いろいろ調べてみると、例えばABBAの一人、アンニ・フリッドはまさにそうして生まれた子供だったということも知ったが、彼らの出自は、今も触れがたい、微妙な遺恨を残しているらしい。

カトリネの母親を演じたのが、世界的大女優のリヴ・ウルマン。

映像に切り取られたノルウェーの自然と風土の美しさに、息をのむ。


スポンサーサイト

『洲崎パラダイス赤信号』

1956年公開、川島雄三監督の『洲崎パラダイス赤信号』の舞台は、その名の通り、明治以降、吉原と並ぶ遊郭と称された洲崎の赤線地帯。

現在の江東区東陽一丁目にあたり、特に戦後は「洲崎パラダイス」の名で栄えた。
入口にあったネオン管で彩られたアーチ型の門は、この映画の中でも実に象徴的である。

suzaki99_convert_20160122235923.jpg

主人公は、お金も家もなくここに流れ着いた一組の若い男女。

新珠三千代演じる蔦枝は、元娼妓だけあって、口が達者で行動力がある。
一方、三橋達也演じる義治は、甲斐性がないばかりか、いつもふてくされて覇気がない。

「二言目には死ぬ死ぬって、人間死ぬときまで生きなきゃなんないですからね」

蔦枝は、早速、洲崎パラダイス入り口の河沿いに立つ、一杯飲み屋「千草」に飛び込み、住み込み女中の仕事を得る。
義治は、女将の紹介で嫌々ソバ屋の出前に。

互いに疎ましく思い、苛立ち合いながらも、やはり好きあっていて腐れ縁のように離れることができない二人。
蔦枝は、小金持ちの電気屋を捕まえ、義治には、ソバ屋の若い娘が心を寄せてくるも、二人は結局、元のさや。

また、「千草」の女将も、数年前に女と駆け落ちした夫を、未だ待ち続けているという設定である。
終盤、ついに、その夫が戻ってくるのだが……。

この映画の二年後、1958年の売春防止法施行と共に、洲崎パラダイスは閉鎖される。
変わりゆく時代と街……それでも滔々と流れる川のように、昔から変わらぬ男女の営み。

「あたしたち、この河の手前にいるのねえ。やっぱり、ここへ来たんだわ」

蔦枝が、しみじみとそう嘆いた洲崎の河も、今は埋め立てられて公園に。

実際に洲崎で撮影された、当時の街の風景だけでも必見の価値がある。
湾岸エリアの埋立地開発のため、頻繁に大通りを行きかうトラックの姿が、街のその後を予見させる。

冒頭とラストで、二人がたたずむ勝鬨橋だけは、今もその姿を残している。


『恋人たち』

橋口亮輔監督、七年ぶりの新作で、最高傑作との呼び声も高い『恋人たち』。

どこにでもいそうな、複数の男女が登場するが、中心になるのは三人である。

打診棒を使った橋の点検を請け負う技術者の篤。
妻を三年前に通り魔殺人で失って以来、喪失と怒りからまだ全く立ち直ってはいない。
裁判費用を捻出するために、健康保険料すら滞納する有様である。

弁当屋のパートで働く瞳子は、偏屈な姑と無関心な夫との荒んだ生活に心底疲れている。
かといって、何ら反抗するわけでもなく、皇室の追っかけだけが唯一のストレス発散だ。

ゲイの四ノ宮は、鼻持ちならない若きエリート弁護士。
学生時代からの友人に、秘めた恋愛感情を抱いているが、彼には妻子もおり、告白できない鬱屈を抱えている。
満たされない想いを今の恋人やクライアントにぶつけている。

篤の抱えている悲劇に比べれば、瞳子は単なる日常に対する欲求不満の裏返しだし、四ノ宮に至っては、自分を受け入れてもらえないという幼稚な我儘だともとれる。

そんな程度の差こそあれ、みなそれぞれなりに、生きづらい毎日の中で、必死にもがいている。
そして、それは三人だけではなく、彼らと多かれ少なかれ関わる周囲の人間たちも同様だ。

映画は、彼らの乾いた、寂れた、荒み切った日常を、淡々と追っていくが、カメラの後ろにあるのは、橋口監督の優しく真摯な眼差しである。

25845_convert_20160122191150.jpg

暗く、重苦しいまでの物語でありながら、観客が決して目をそむけられないのは、彼らの苦悩や生きづらさは、今の閉塞した時代、決して他人事ではないからだと思う。

終盤を迎えても、具体的な解決の糸口が彼らに示されるわけではない。
それでも、時に、周囲の人とのふれあいの中にほんのささやかな喜びや安らぎを見い出しながら、なんとか一日一日を生きていくことの意味。

おそらくこの三人、とりわけ篤には、監督自身の経験や思いが投影されている。
そもそも七年ものブランクは、監督が被った金銭的災難が一つの理由であることはよく知られたこと。篤が区役所の保険課でやり合うくだりは、そのまま監督の実体験らしい。

あらためて、橋口亮輔というのは、決して職業監督にはなりえず、不器用なまでに作家的な資質を背負った映画監督だと思う。
初期のゲイ三部作はもとより、前作の『ぐるりのこと』も、自身が長く患った鬱病を題材にしていることは周知の事実だ。

ラスト、篤が微かな希望をもって見上げる空は、それでも高速道路や橋で遮られ、切り取られた狭い空間でしかない。
それが象徴するのは、まだまだ篤の苦悩は続くということであり、そこにある種のやるせなさを、自分は見てしまう。

反して、続くエンドクレジットの背景にあるのは、東京湾から眺める広大な空であり、そこには橋口監督の祈りにも似た願いが込められているように思えてならない。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。